Skitchを使ってスクリーンショットをBlogに載せる

Macで簡単な画像編集したいなーと思ってアプリを探していたらたまたま出会った ツールだが,便利すぎるので紹介する.その名もSkitchというアプリ. これは,スクリーンキャプチャ+編集+出力が1つのインタフェースでできるという 優れもの.(ホントはそう思ってないけど)残念ながらMac版しかないのですが, マカーでブロガーであれば使うべきじゃないかな.

まずはSkitchのアカウントを取ろう

Skitch.com > riywo 早速ですが,Skitchでスクショを取りながら解説.まずはSkitch.comに アクセスして,適当にアカウントを取りましょうw OpenIDとかも使えますが, 多分アプリはパスワードが必要なので,普通に取っておいていいと思います.

そしたらSkitch.appをダウンロード

Skitch.com > riywo-1 ログインしてsettingにアクセスすると,真ん中ら辺にダウンロードリンクがあるので 落とします.インストールします.

Skitch これを使ってスクショをとるとこんな感じ.これは「Command+Shift+5」で起動する 範囲指定のスクショで,ぺろっと範囲を選んでから,テキストを書き込んでる. ちなみに書き込みはスクショ本体とは別レイヤーで扱われてるのでさくっと編集できるのが 最高に気持ちいい.

skitched-20090115-191018 同じく「Command+Shift+5」でスクショ取る時に,ウィンドウをシングルクリックだけ すると,そのウィンドウをスクショしてくれる!しかも,影をつけて!これはいい! 隠したい部分があれば,その場でごにょごにょと消してしまえばいい.

で,出力先としては,Skitchの自前のストレージにも送れるし,Flickrにも送れる. その他,FTPとかもできる.また,アプリの下の方の出っ張りをD&Dすると ローカルにJPGなどで書き出せる.さらにドロップ先を他のアプリにすれば一時ファイルを 作らずとも送ることができる.

Preferences また,そういう作業を行うとすべてHistroyに保存される.ここはSkitch独自の形式なので あとで編集をやり直したくなったときにも気にせず行える.すばらしすぎる.

僕のBlogでの運用法

ちょくせつFlickrに上げてもいいのですが,なんか送信の度にブラウザでFlickrの ページ(タイトルやタグなどの設定画面)が出てしまってうざったいので, D&DでFlickr Uploadrに貯めておいて,Blogのエントリを書き終わったら まとめて送信,WordPress Media Flickrで読み込んで挿入,という感じにしました. なので,DockにはFlickr Uploadrを登録しています.(スポットライトみたいな 編集も簡単にできてしまうw)

Dock

というわけで,マカーはぜひ使いましょう!

riywo

Software Engineer, DevOps, DBA, Solutions Architect, NFL, working for AWS. All posts are my own, not endorsed by any org.