Tsukuba.R#4に行って来た&発表してきた

うさみみで有名なsyou6162さんが主催する,Tsukuba.Rに参加して発表してきました. 前日まで日にちを勘違いしていて,参加できないと思ってたら日曜日暇でしたw 突然の割り込みにも関わらず受け入れて頂いてありがとうございました><

Tsukuba.Rとは?Rとは?

Tsukuba.R(つくばーる?)は「R」というプログラミング言語の勉強会です. Rの特徴は,オープンソース開発の言語で「統計処理」に特化しているということです. 例えば,僕も少し勉強していたPCA(主成分分析)なんかをちゃちゃっとやって, しかもすぐにグラフに表示したりできます.まずはその辺に特化して始まって いるんですが,昨今はプログラミング言語としても注目されていて, 今回の発表でもどこかの変態さんwが,「Brainf*ck」をRで実装したりしていました.

懇親会で聞いたら,WebのAPIを叩いたりもできるそうで,いろいろおもしろいなと 思いました.ところが,僕はRを触ったのは30秒くらいの人間ですwwww こんな状況でRの勉強会の発表に,Rの話なんかできるわけないですから, 徹底的にPerlを宣伝してきました><v

ひさびさの人前での発表だったので緊張しましたが,それ以上に 今回の発表はいろんな「初めて」を試してみた発表だったので, そのせいでテンパってた部分があったと思いますw 

初めてだらけの発表

というわけで,今回の初めてをいろいろ紹介します.

Tsukuba.Rが初めて

まずそもそもTsukuba.Rも初めてだし.筑波大に来るのも初めて. しかもみんなRの勉強会に来ているのに,一人だけ「やっぱPerlでしょ」って 発表するとか,どんだけアウェイなんだかwwwww

MacBookで発表が初めて

よく考えると,MacBookを使って発表するのが初めてでした. アダプタは持って行きましたが,家で外部ディスプレイにつないだ時は サブディスプレイになるのが通常だったのに,なぜかミラーリングで 設定されて若干焦る.すぐに外部ディスプレイ設定に切り替えて ことなきを得た.

Keynoteで発表が初めて

Keynoteが使いたくて買ったiWork08を初めて使ったのがiWork09が出た後とか, どんだけ先見の明がないのかと,過去の自分をフルボッコにしてやりたいですが, ともかく初めてKeynoteでプレゼン資料を作りました.

まだ全然使い方わかってないですが,とりあえず文字に影つけて,画像に影と反射つけて スライド切り替えにアニメーションつけたらMacっぽくなりましたw

StageHand使った発表が初めて

StageHandというソフトを使って,iPod touchでKeynoteをリモート操作しながら 発表しました.(僕が使っていたのはiPhoneではなくtouchです><) これは,同じWifiネットワークの中にMacとiPod touchが無いと使えないのですが, WifiなくてもMacのインターネット共有さえしてしまえば,別にMacが インターネット接続されてなくても大丈夫です.

今回はiPod touch上で次の画面を表示したりはせず,ボタンで送っただけでした. MacBookがこちら向きで見えるのでそちらの画面を見ながらやりました. もう少しテンポを落とす発表だったら手元をチラ見しながらやるのが いいかも知れません.

高橋メソッドで作ったのが初めて

それから今回の発表は高橋メソッドを参考にして,文字をばんばん切り替えるスタイルで 作ってみました.ただしKeynoteを初めて使ってwktkしてしまったので,全スライドに 切り替えアニメーションを付けるという初心者丸出しの頭悪いスライドになりましたw

高橋メソッドはすばらしいと思います.すばらしい点を列挙すると

  • 発表時間が読める
    • 1枚のスライドにほとんど時間がかからないので発表時間がほぼ正確に推定できます
  • 作るのが簡単
    • こった構造化とか必要なくて,まるで発表するようにスライドを作ることができます
  • 発表しやすい
    • 次のスライドをチラ見すれば何を話すのかがデカデカと書いてあるので話が途切れないですね
    • 今回はあまりうまくできなかったけど><
  • 笑いも取りやすい
    • 「ハイ,ここ笑いのポイント」みたいなのが自然と簡単に作れます

Keynoteで高橋メソッドで作るルーチンを確立したいところです.ただ, 一点デメリットを上げると,高橋メソッドは「初めてスライドを目にする」のが おもしろさの本質なので,発表前にスライドを公表してしまうと,おもしろさが 半減してしまうのがちょっと痛いですね.なので今回も事前には公表しませんでした. 笑いのポイントとか先に見られたら寒いだけだしw

なので,もしソースを載せたりUstがあったりして事前に渡した方が良い場合は その部分だけ事前に晒すとかにした方がいいと思います.高橋メソッドは 発表のリアルタイム感が重要ですw

懇親会も行って来た

せっかく筑波まで来たので懇親会にも行ってきました.ひとがたくさん居すぎて あんまりどなたがどのidなのか把握できずに話してしまいました.サーセン. なぜか,おなじお店の隣りの集団には,たまごスープで有名な@VoQnがいて びっくりしました.

みんな僕より遥かにプログラムができる人ばかりですごいなーと思いました. 僕は専ら聞き役か,話題提供役をやってただけでしたねー.なんか流れで 下條信輔先生の「サブリミナル・インパクト」を勧めたりしました. まだ読んでないのに勧めるとかどうなんでしょうw

帰りの電車では,僕の内定先の宣伝も少ししてきました.興味もってもらえたようで よかったのですが,問題なのは僕も伝聞推定で語ってるだけでほんとのところ 会社がどうなってるのか知らないという点.まぁ最後は自分の目で見て確認して下さいw

というわけで今回の発表スライドを公表

もう発表も終わったので,Slideshareに上げておきました.残念ながら Keynoteのエフェクトは見られません.もしかしたらダウンロードして Keynoteで見ればエフェクトも見れるかもしれません.

70枚ありますが,実際発表は6分くらいで終わったのでさくっと 読めると思います.何にも得られない発表ですが,酒のおともにどうぞw

Tsukuba.R#4
View more presentations from riywo. (tags: r perl)