MySQL Conference & Expo 2010に参加してきます

お久しぶりです。24時間365日な仕事をしてると、やはりブログを書いてる暇がありません。。。 仕事以外でのインプット/アウトプットがちょっと減ってしまっていて、いかんなぁと思う毎日です。

でも一所懸命仕事してるといいこともあるようです。ということで、会社の 国際学会派遣制度という 制度を利用させて頂いて「MySQL Conference & Expo 2010」 というカンファレンスに行かせて頂くことになりました。ありがたや。

決まったのが3月頭くらいで、開催が4月12日〜15日ということでスケジュールはすでに キツキツで困ったものです。パスポートが5年で取っていたため切れてしまっていて それを発行し直すところから始めなくてはならず。。。そのためには戸籍抄本が必要で。。。 何とか先週ICチップなパスポートを手に入れて、やっとwktkしているところです。

さて、このカンファレンスに行く自分なりの目的は3つです。

  • 英語勉強を自分に強制
  • アメリカ体験
  • MySQLに一層詳しくなる

上2つは完全に自分のためですね。会社には申し訳ないですが、こんな機会そうはないので 存分に利用させて頂きます。

英語についてはちょっとずつリスニングとか始めてますが、自分の英語の出来ない具合に本当に心から涙がでます。 でも、泣いていてもしょうがないのでとにかくカンファレンスまで出来ることはやっていきたいと思います。 昨年の講演とか聞いてますが、やっぱ雰囲気と単語でしか理解できてないですね。。。 カンファレンスから帰ったら、本格的にアゴスとかでTOEFL対策を始めていきたいと思っています。 (その代金出せるくらいには給料が上がることを見込んで。。。)

アメリカに行ったことないというのも本当にビハインドに感じていました。 ついに彼の大地を踏めると思うと興奮して止みません。本当はアメフトでも見て帰りたいところですw 会場がシリコンバレーな土地なので、もしうまく見つけられれば彼の地の企業とか見てみたいなとも思います。

そして3つ目、MySQLに対して詳しくなるのが一番の目的です。英語というものすごい 絶対的なビハインドはありますが、この半年のMySQLとの触れ合いで基本的な知識はついているつもりです。 会社やWEBの世界に還元できるレベルの情報を仕入れてきてフィードバックできるように吸収してきたいと思います。 とりあえずもう一度「実践ハイパフォーマンスMySQL」を読み直したり、気になるセッションの スピーカのエントリを読んでみたりと、こちらもやれることはやっておきたいと思います。

というわけで、「人間失格な人が初めてシリコンバレーに行く際に注意すべき3つのこと」を コメントとかTwitterで頂けると幸いです。

コラム的なエントリはまた今度書きます。ではでは。