Podcastはじめました&Podcastのはじめ方

miyagawaさんが始められたのをみて、そういえばPodcastってどういう仕組でやってるのかすら知らないので勉強ついでにやってみようかなと思って始めてみたら、思った以上に手間がかかってしまったので、3行でまとめて「みんなも始めよう!」という感じにしたい。

  • Macで録音して無音とかカットする
  • github pageにアップしてTumblrでブログ作ってFeedburnerでRSS作る
  • iTunesからRSSを登録してレビュー通ったら完成!

miyagawaさんのPodcastを大いに参考にさせて(パクリとも言う)頂きました。感謝!というわけで、僕のPodcastはこちらになります。まだep0で、次回から本気だす!

はじめに

エンジニアの人が最近の技術とかなんかそういう話をするチャンネル、たくさんあると楽しいですね。ブログとか勉強会とかは日本は盛んだと思いますが、ブログ読むのめんどくさいし、勉強会行くのだるい。Podcastなら通勤時間やお風呂の時間に流しておくだけでいいので実は結構手軽ですね。ちなみに作業中に聞くと意外と集中できないので、移動中とかがいいようです。

というわけで、お金かけずにさくっと作る方法をまとめてみたので、我こそは、という方ははじめてみましょう!

と言ったものの、思ったよりまとめるのめんどくさかったのと、まだまだ洗練の余地があるので速報程度であげておきます!

まずは録音

僕は音楽とかにトンと疎いので機材なんて一切もってないですが、とりあえずAppleのマイク付きイヤホンでしゃべって録音してみました。改善の余地があるのは承知してますが、まずはやってみるところから。

で、録音方法ですが、次回からはSkypeでお話しながらやりたいのでその方法を調べてみました。Macで録音するために、下記のソフトウェアを利用しました。

ちょっと細かい説明を書く気力が無くなってきたのですが、だいたいこんな感じで接続。ポスプロも含めてこの辺はもうちょっといい方法探してからまたまとめます。

Screen Shot 2013-02-14 at 10.14.33 PM

ちなみに、SkypeのSpeakerの接続チャンネルと、Lineinの接続チャンネルを分けておくと、Garagebandで別々の音声で受け取れるので、フィルタを変えたり、片方だけミュートしたりできるので便利ですね。

ポストプロダクション

録音が終わったら、ポストプロダクション(ポスプロ)します。と言っても、特に知識もないのでやったことは無音とか咳とかをカットしただけです。録音したGaragebandでそのまま編集もします。やり方は今回はひたすら自分で聞いて無音部分が出たら区切る、最後までいったら無音部分を切って詰める、というのを人力でやりました。大変お疲れ様でした。

これ、もっといい方法探してて、DJ hidekさんに教えてもらったこの辺を次は試してみようかと思ってます。録音方法と含めてどうするか考えることが多いですね。ここまでの作業は有識者のかたに鉄板を紹介して頂きたいところ。

Garagebandで編集終わったらmp3に吐き出しました。m4aの方がセクション情報埋め込めていいんですが、後述のgithub pagesがm4aだと適切なContent-typeを返してくれなくてFeedburnerがenclosureに入れてくれないという理由によりmp3でやってます。改善方法求む(自分でサーバ立てればいいだけ)。

Podcast配信の仕組み

さて、ここまでで素材は完成です。あとはこれをPodcastの配信の仕組みに載せればいいのですが、そもそもPodcastってどうやってるのでしょう?僕はAppleのサーバにアップロードするのかなーとか思ってたのですが、自分でどこかにホストしてRSSフィードを作成する必要があるんですね。

  • 何かしらの方法でhttpでアクセスできるところに素材を置く
    • 自分のサーバ、レンタルサーバ、など
  • Podcastの仕様に則ったRSSフィードを作成する
  • そのRSSフィードをiTunesに食わせればとりあえず聴ける状態にはなる
  • iTunes Storeで配信してもらう(ファイルではなくフィードを)ために登録してreviewを待つ必要がある

Github pages as a CDN

ここで困ったのが、僕は(仕事はサーバ管理なのに)サーバ持ってなくて、そもそもファイルの配信ができないということ。最初、Dropbox試したんですがイマイチうまくいかなくて、次にS3も試したんですが、後述のFeedburnerがhttpsのファイルはenclosureに入れてくれなかったので断念。また後述のTumblrも音声ファイルアップロードできるのですが、サイズ制限が厳しいのでこれも断念。

こんな時に役に立つのがSWEの味方、githubですね。githubにはレポジトリの内容を静的配信してくれるpages仕組みがあります。なので、mp3ファイルをどーんとぶち込んで配信することにしました。

pagesの作り方はこの辺を参考にして頂くと良いと思います。最近はレポジトリにgh-pagesというブランチを作るという方法もあるのでお好きな方を。Podcastやってみようかなというエンジニアの人であればこの辺はお茶の子さいさいかと!僕はUserの方で作って、自分のドメインのサブドメインをCNAMEで向けてます。

Tumblrで公式サイト

さて、無事に素材の配信はできるようになったところで、あとはRSSを作成するだけなんですが、さすがに手で作るのは2013年には無いですね。Podcast用のRSSを吐いてくれるCMS的なものを何か使ってもいいと思うのですが、ここはmiyagawaさんも使ってることですしTumblrを使ってみましょう!

Tumblrはいくつでもブログを立ち上げられるので、Podcast用に新たにブログを作りました。自分はさらに自ドメインのサブドメインをCNAMEで向けています。

ここで注意点があります。Tumblrは普通のtext以外にも、音声や画像をpostするための特別なtypeがあるのですが、音声のpostで先ほどのgithubに置いた音声ファイルをリンクさせただけではFeedburner的にちょっと足りません。具体的には、FeedburnerはRSSの中にあるリンクに対してenclosureしてくれるのですが、Tumblrの音声はFlashのプレーヤを挿入するだけなのでファイルをenclosureしてくれませんでした。

なので、音声でpostするにせよそうでないにせよ、本文の中に音声ファイルへのリンクを仕込んであげる必要があります。miyagawaさんのやり方に則ってDownload用のリンクをつけて投稿することでこれを実現しています。ちなみに、ep0はtextで投稿しています。プレーヤはHTML5のaudioタグで、これもmiyagawaさんのをパクってjavascriptで後から挿入してます(試してないですが、audioタグ書いちゃうと変にenclosureされるのかな?)。サイトから聞く人は少数派だと思うので、とりあえずはリンクを本文に入れることを忘れなければ大丈夫。

FeedburnerでPodcast用のRSSへ

あとはFeedburnerに登録するだけでPodcast用のリンクが完成します。その際、” I am a podcaster! “をチェックしておきましょう。すると、OptimizeのSmartCastというのが有効になっていると思いますので、Podcast形式になっています。あとは設定画面からsummaryとかを入力しておきましょう。この辺埋めてないとエラーで弾かれる可能性があります(とAppleの人に言われた)。

ちなみに、カバーアートは先ほどのgithub pagesに上げてしまうのが楽ですね。

iTunesから登録すればあとは待つのみ!

そうしたら、下記のリンクからiTunesを開いて、フィードを登録しましょう。

言語はFeedburnerが英語以外にできなくて英語になっちゃうんですが、特に問題なくreview通りましたw

まとめ

これで晴れてあなたもPodcaster! Enjoy! 僕も次回からはゲストを呼んでみたいと思います。