node.jsのバージョン管理のためにndenv & node-buildを作ったのとanyenvの宣伝

nvmがどうも好きになれないので、rbenv & ruby-buildを見習ってというか丸パクリしてndenv & node-buildを作りました。主に自分用なので細かい説明は省略します。rbenvやplenvに慣れている人はそのままの感じで使えます。nenvがあるのは知ってましたが、古そうだったので改めてコピーして作りました。

また、これ系を入れる度にprofileをいじるのがだるいのでanyenvというのも作ってて、~/.anyenv/envs以下に置くだけでいいようにしてたりもします。これも自分用なので使いたい人がいれば適当に使ってみて下さい。そのうち、anyenv install rbenvとか作るかもしれません。

tavi 13-06-29 (土) 11:52

便利なツール感謝です!

#導入記事を書きました。
http://blog.tavi-travelog.net/viewEntry?id=20130629114620

質問なのですが、
ndenvでインストールしたnpmで、
Globalインストールしたパッケージの実行ファイルが
exec $SHELL -l しないと
shims 配下に置かれないのは、rbenvからの仕様ですか?

riywo 13-06-30 (日) 17:35

記事ありがとうございます!!!

ndenv rehashで配置されませんかね?init処理の中でrehashがデフォルトは自動で実行される様になっているので、それによって配置されてるんだと思います。

npmコマンドで自動でrehashされるようにするハックも可能な気はしますが、自分としては手動rehashでもそんなに困ったことはないです。(rbenvとかも含め)

anyenvという他の**envを簡単に扱うツールもあるので、そちらもよろしければ〜

tavi 13-07-05 (金) 11:02

あ、確かにnpm installしたあとも、rehashしなきゃですね。
それ忘れてました。すみません。ありがとうございます。

anyenvも試してみます!