AWSのRoute53で簡単Dynamic DNS with Heroku

ふと家のネットワークにVPNしたくなった→VPN Activatorで超簡単にできた→せっかくだからDynamic DNSで家のIPアドレスに名前付けたい→Route53触ってみたかったの思い出した→スクリプトでRoute53更新するのはなんか嫌→Herokuにアプリ作ってcurlで叩いたらRoute53更新するようにしたらいいのでは!!!という長いyackを経て、簡単なアプリを作ってみました。皆さんやってそうですが。。。

なんてことはないアプリで、HerokuにデプロイしておいてLAN内のサーバからGETリクエストするだけで、自分のAWSのアカウントのRoute53のAレコードを、REMOTE_ADDRなIPアドレスに更新してくれるだけのものです。READMEの通りに自分のHerokuにデプロイして設定だけすれば、叩く側はcurlがあれば(wgetもいける?)簡単にDynamic DNSの完成です。

AWSのドキュメントにも乗ってるdnscurl.plというのを使ったやり方もあるみたいなんですが、ダウンロードしたものの、とっちらかったperlスクリプトを見てそっとrmしてしまいました。

こういう用途には無料で使えるHerokuが最強ですね。ruby知らない人でも手順通りにデプロイすればなんとruby2.0.0で動く!シンプルなrackアプリだとProcfileも要らないのでスッキリ。

ところで久々にSinatra触るとRailsが如何に面倒見が良いかが実感できますね。(お節介とも言う) Slimのlogic lessはテンプレートがすっきりするので個人的に結構好みです。あとPure CSSも初めて触ってみました。Rack::Auth::Digest::MD5の使い方はこちらが参考になりました(というかそのまま)。感謝。