HiNative Trekで英語のトレーニングを毎日1分以内で行う

今は海外の同僚とやり取りすることも多く、英語でのコミュニケーションは読み書き聞き話す問わず日常的にやっているのですが、英語での言い回しや文法の改善についてはなかなか時間をとることができないでいます。英会話学校やオンライン英会話等に通い続けるのは1つのやり方だと思いますが、1時間であっても固定の時間を確保し続けるのは自分の気質的にも難しく、結果としては野良英語を振り回し続ける日々です。

そんな中、とある経路でHiNative Trekを紹介してもらって、先月からずっと続けています。上記の課題に対して自分的にはピッタリハマっていて、今後も長く続けていきたいと思っています。というわけで、同じような悩みを持つ方がいれば是非使ってもらいたいと思い、簡単に紹介をしたいと思います。

HiNative Trek

完全非同期な英語学習

HiNative Trekの基本的な流れは以下の様な感じです。

  • 毎日課題(基本はある状況での応答を英語でしてみる)がpushされる
  • 好きな時間に、Written Englishで回答する(回答内容をSpoken Englishでも投稿可能)
  • Eventuallyに講師から添削結果が返ってくる(発音も添削してくれる)
  • 結果に対して、チャット的に自由にQ&Aできる

全てが非同期で、いわゆるメッセンジャーアプリの様な形で講師とやりとりできるので、固定の時間を作る必要がなく、文字通り”いつでもどこでも”学習ができます。僕の場合、電車での移動が結構多いので、その移動時間の数分とかにサクッと回答できて助かってます。音声投稿は気が向いた時にだけやってますが、これも駅のホームを移動しながら録音しても十分聞き取れるみたいで、楽ちんです。

また、課題は毎日やる必要もなくて、とはいえ1日1分もかからないのが通常なので、時間のある時にあとでまとめて回答してもOKです。例えば先週は出張もあり忙しくて全然回答できなかったですが、その分をまとめてこの連休に回答したりしてます。

最初はどうしても正解となる回答をしようと、辞書をひいてみたりとかしてたのですが、なるべく短い時間で終わらせることが僕みたいな怠惰な人間が続けていくコツだなと思ったので、最近はfirst impressionで思いついた回答をささっと書くようにしています。どうしても「あ、この単語なんだっけ?」って思ったときだけピンポイントで辞書をひいてますが、それはいつもの英語の使い方と同じなので違和感なくやっています。なので大体毎日1分以内で終わっていて、だからこそ長く続けられていると思います。

常に具体的かつ実践的な教材

英会話をやったことも過去にあるのですが、どうしても話す内容が天気とか趣味とかあまり実践で使わない内容になってしまったり、あるいは状況を想定してrole playingするのですが、本来練習したい英語力よりも、その状況で何を言おうかといったことに頭を取られてしまって本末転倒になってしまうことがありました。

ではHiNative Trekの課題としてどういうものが来るかというと、毎月テーマが決まっていてそれにそった具体的なやりとりを徐々に進めていく感じです。例えばメールでのやり取りがテーマの時には、こんな感じでした。

  • 月曜: 〇〇という件名を英語で表現してみる
  • 火曜〜木曜: メール本文を分割しながら、課題の日本文を英語で表現してみる
  • 金曜: 似たような状況で、××という内容のメールを英語で書いてみる

取り上げられるsituationは実践的で、Techな会社に勤めていたら日々起こりそうなものばかりでした。なので、いつも書いている感じで投稿してみると、文法的におかしいところや不自然なところを細かく指摘してくれるのですぐに明日のメールから活用できる感じです。疑問に思ったところがあったらその添削に対してなんで?って聞けばいくらでも深く教えてくれます。

Reasonableな価格

価格は今のところ月9,800円となっています。これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれだと思いますが、僕には非常にReasonableに見えました。公式サイトにもある通り、1日当りに換算すれば500円以下。これと同じだけの内容を自分の力だけで実現するには不可能な価格設定だと思います。

自分の力だけで様々に教材を見つけて使いこなしたりできるだけの能力が無い僕みたいな人にとっては、毎日強制的に多様な課題が飛んできて、それを完全にreactiveにこなしていくだけで、普段の生活とは全く別の軸で英語を使う機会を定期的に与えられるというのは、非常に意味あることです。これだけのものが毎月この価格で実現できるというのは今まで経験したことがなく、なのでこれからも続けていきたいと思っています。将来の自分への投資と考えれば全然高くないと自分は思っています。

まとめ

というわけで、完全に宣伝になってしまいましたがHiNative Trekという非常によくまとめられた英語トレーニングサービスを紹介してみました。英語を使う機会はあるものの、上達させる時間が取れなくて悩んでいる方にはぜひお勧めしたいサービスになっていると思います。

もしどんな感じなのかもうちょっとつっこんで聞いてみたいという方がいれば、コメントなり直接なりでぜひお願いします。

Note: Cover画像とLogo画像は公式サイトから引用させて頂いています。また、記事の内容は個人の意見であり、所属するいかなる組織を代表するものではありません。

riywo

Software Engineer, DevOps, DBA, Solutions Architect, NFL