Home

As a Futurist…

遅延評価勉強法だと得られなかったもの

ハッカーは遅延評価勉強法をするものだそうです。確かに僕の知ってるすごい人達は、皆必要になった時の吸収力が半端無くて、それを紹介した時には自分の方が詳しかったはずなのに、あっという間に追い抜かれてしまいます。

全文を読む

サンフランシスコ生活終わりました

1年ちょっとサンフランシスコで生活してましたが、日本に帰任ということで12月末に日本に帰ります。SFでお世話になった方々ありがとうございました。今後も仲良くしてください。日本の方々、アメリカかぶれですがまたよろしくおねがいします。

全文を読む

FluentdをMesos + Docker + Marathonで動かしてみた

Fluentd Advent Calendar 2013の一部です。(PSTだとまだ20日なのでお許し下さい。。。)

全文を読む

簡単!Vagrant+Docker+td-agent+Elasticsearch+Kibanaで流行に乗ろう

Fluentd Advent Calendar 2013に登録したものの、そういえば1年位全くfluentdに触ってなかったので、リハビリも兼ねて最近バージョンアップで導入されたVagrantのDocker provisionerを使って、ES+Kibanaに流すとこまでを作ってみた。実用性には乏しい。

全文を読む

法令データ提供システムのデータをgithubに上げてみた話

この記事はCivic Tech Advent Calendar 2013の一つになります。

全文を読む

ポータブルなwebアプリケーションとそのインフラの未来の一考

naoyaさんのポータブルなWebアプリケーションを受けて最近思ってることをば。140文字で時々書いてるんだけど、まとまりがないので一回まとめておきます。

全文を読む

site-statusというwebサイトのstatusを取るツールを作ってみた

最近はCoffeeScriptも楽しいなぁと思うようになって、思いつきで書いてみました。ちなみに、coffeeで書いてgrunt-contrib-watchでjsにしていて、出来上がったものをnpmにpublishしています。あとテストがありません!

全文を読む

proctaskというタスク実行ツールをGoで書いてみました

最近Goを書きたくなったので挑戦してみました。お題は、stdinを受け取ってstdoutに結果を出すタスクを、全部ファイルベースで行いたい、というもの。stdinとなるものをファイルに書き込んでおくと、それを読み込んで実行プロセスのstdinに渡してくれて、stdoutを受け取ったらそれをまたファイルに書き込むようなイメージです。実行時にはenv varを設定したりできたり、stderrも別に書き出したりしたいですね。

全文を読む

最近のサーバの抽象化について

学者でもなんでもない現場のいちエンジニアの感想です。しかも、どれもちゃんと使ったことないので、聞きかじりをまとめたメモ書きなので嘘が入ってますが、興味ある方がいればどうぞ。

全文を読む

AWSのRoute53で簡単Dynamic DNS with Heroku

ふと家のネットワークにVPNしたくなった→VPN Activatorで超簡単にできた→せっかくだからDynamic DNSで家のIPアドレスに名前付けたい→Route53触ってみたかったの思い出した→スクリプトでRoute53更新するのはなんか嫌→Herokuにアプリ作ってcurlで叩いたらRoute53更新するようにしたらいいのでは!!!という長いyackを経て、簡単なアプリを作ってみました。皆さんやってそうですが。。。

全文を読む

1 / 6012345...102030...最後 »

Home

Banners
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス track feed
Feeds

Return to page top